還暦祝いに旅行をプレゼントするならやっぱり京都!

 

家族の還暦は、60歳という長寿のお祝いであると同時に、それまで家族のために苦労をしてきたことをねぎらう感謝の気持ちを表す絶好の機会です。ですから、還暦祝いに、普段の誕生日とは違って品物だけなく、旅行をプレゼントして楽しい思い出をつくってもらいましょう。

 

旅行先としては、国内、海外といろいろありますが、年を取って体力が落ちているということもありますし、言葉や文化の問題もありますから国内にしておくのが無難です。そうなると、どこが一番良いのかということで、やはり世界的にも観光客が集まる京都を選びましょう。

 

 

 

京都旅行の魅力は、歴史ある神社仏閣や史跡など観光名所が多く、見て回るところに困ることがないので、様々なプランを練ることが出来ること、祇園の芸妓や老舗料亭など京都ならではの伝統が残っており、そういった文化を体験出来ること、質の高いホテルや旅館が揃っているので安心して宿泊できることなどがあります。

 

観光名所が多いので、プレゼントをするときにどこを回るのか考えて手配をしてあげるのもよいのですが、もしも相手に時間的な余裕があるのであれば、どこへ行きたいのかを考えてもらいましょうそうすれば旅行をする前から楽しんでもらうことができます。

 

修学旅行で多くの人は一度は訪れる場所ですが、大人になって、しかも還暦まで様々な経験を積んでから訪れると、また違った楽しみ方と言うものが出てきます。若い頃は興味がなかった場所でも、年をとてみると無性に行きたくなるということもありますから、本人の気持ちは大切です。

 

内容によっては、事前に予約が必要なところもあり、人気の料亭などであれば半年待ち、1年待ちということもよくある話なので、還暦祝いを贈ると決めたならば、準備を早めにしておくほうが良いでしょう。

 

また、自分たちでプランを練るのではなく、旅館や旅行会社が用意している還暦祝いのプランに申し込むという方法もあります。そういったプランであれば、高齢者向けの食事や赤いちゃんちゃんこの貸出、持ち帰れるプレゼントの用意、一緒に来る家族向けの各種サービスなど充実した特典がついてくるので、値段以上の満足感を得ることが可能です。

 

それから、電車やバスを乗り継いて京都の各所を巡るというのは、なかなかに大変ですから、予算に余裕があるならば観光タクシーを予約しておくと良いでしょう。普通のタクシーと違って観光タクシーであれば、地元の人しか知らない京都の魅力あふれる場所を案内してくれたりしますし、長時間貸し切りにしておくことで料金を気にすることなく観光をすることができます。

 

費用についてですが、還暦祝いだし、京都を観光するのであれば、普通のホテルに泊まってもらうのではなく高級旅館の方が良いということになったら、海外並の出費になってしまいます。プレゼントだから、あまりお金の出し惜しみをしたくないところですが、少しでも費用を抑えたいならば安いギフト券を購入して節約をすることも工夫です。